コーヒー☕でアンチエイジング?🤔

こんばんは🌝

寒い🥶毎日

皆様は、風邪😷などは引いてませんか?

私は、週末になると鼻水ズルズルですけど😄

話は変わりますけど

年齢を重ねても、老いに負けずに

いつまでも若々しくありたいものですね😊

誰にとっても切実な願いでしょう。

実は「コーヒー☕に含まれるニコチン酸という成分は

老化予防に効果があるんでせよ」😮

近年、NADという物質が老化のコントロールに関係しているとわかりましたが

NADそのものは細胞に取り込むことができません。

そこで、ニコチン酸です。

ニコチン酸は植物性のビタミンB3の物質名です。

多く含まれる代表的な食品は

キノコ🍄やトウモロコシ🌽、落花生🥜

そしてそしてコーヒー☕です。

NADは、人間の体内にある補酵素の一つで

酵素を働かせるのに重要な成分です。

「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」という長い名前で

英語表記の頭文字を取って

NADと呼ばれています。

人間のエネルギー生成にかかわったり

傷ついた細胞を修復したりといった重要な役割があります。

NAD自体は、100年以上前に発見された

古くから知られる代謝物です。

近年、このNADが

老化のコントロールに関係しているとわかりました。

抗老化や長寿に関連する「サーチュイン遺伝子」という遺伝子があるのですが

NADはこの遺伝子の活性にも欠かせない物質だと判明したのです。😮

ただNADは、加齢に伴い、減少します🙍

具体的には50歳くらいから

内臓や血液中、脳など体内のあらゆる部位で徐々に減少していきます。

「では、外から補えばいいのでは」と考えますが

NADそのものは分子が大き過ぎて

細胞に取り込むことができません。🙍‍♀️

そこで、ニコチン酸です。

ニコチン酸は、植物性のビタミンB3の物質名です。

一方、動物性のビタミンB3は

ニコチンアミド。この二つを併せて

ナイアシンといいます。

ナイアシンは体内でNMNやNRに合成されます。

つまり、NMNやNRのもととなる物質なのです。

食品中に普通に存在するので、より現実的で身近な手段といえますね😆

キノコ🍄やトウモロコシ🌽を毎日食べてもいいのですが

なかなか難しいものです。

でもコーヒー☕なら

「ニコチン酸のため」とあえて意識しなくても口にしますし

日常的な習慣にできますね😊

ニコチン酸は水溶性なので

体に取り込みやすい点もメリットです。

しかも加熱に強いため、ホットでもアイスでも大丈夫です。🙌

カフェインの影響を受けないので

カフェインレスの、デカフェでも問題ありません。

ニコチン酸をコーヒーで摂取する場合の目安を示すのは難しいところですが

1日に2~4杯くらいが適当ではないでしょう🙇‍♀️

若返りや長寿につながると思えば

毎日のコーヒータイム☕がより楽しくなりますね。

もしかして

こんなに若返りしちゃったりして😜