甘いものを食べると体がこげるー?🤔

こんばんは🌝

甘いものが

丁度、欲しい時間帯にすいませんけど

皆さんは甘いものがお好きですか?🤔

私は甘党なので寝る前に

アイス🍦食べてから寝る😴のが習慣の

好きなお子ちゃま👶なんですけど🤭

最近は控えるようにしています。

急な心変わりはどうして?🤔と思う

人は……いないと思いますけど😄

甘いものを食べすぎると

糖尿病のリスクだけでなく

体がサビついてしまい

筋肉が硬くなってしまうからなんですよ😮

この筋肉が硬くなってしまう事実を

知らない人も多いのではないでしょうか

「こげる」と聞くと

食べ物をこがすイメージをされる方が

多いのではないでしょうか?🤔

実際に体がこげることはありませんが

それと同じように甘いものを摂りすぎると

筋肉や骨に悪影響を与えます!

それは「糖化」と呼ばれる作用が働くためです。

この糖化を引き起こす甘いもの=糖は

ブドウ糖と果糖が関わってきます。

ブドウ糖は、砂糖や炭水化物が

元になっており

果糖は清涼飲料水に多く含まれています。

果物にも果糖はありますが

果物は果糖含有量がそれほど多くなく

食物繊維も含まれているため

適量であれば食べても問題ありません😌

ブドウ糖や果糖は体のエネルギー源として

重要ですが、取り過ぎて体内で

不要になってしまうとタンパク質と

結びついて「AGEs(糖化最終生成物)」

という老化物質に変わってしまいます。

これが糖化と呼ばれる作用です!

老化物質であるAGEsは

体内で分解されにくく

血管に溜まると動脈硬化を引き起こし

骨に溜まると骨粗しょう症を引き起こし

筋肉に溜まると本来持っている伸張性が

なくなり硬くなってしまいます。

また、肌にも影響しシワやたるみの原因にもなります。

糖化してしまうと体には百害あって一利なしの状態です。

これを予防するのに重要なのは運動と食事になります!

特に食後1時間以内のウォーキング🚶‍♀️は

おすすめです!

食後1時間くらいで血糖値が

あがってきますが

そのタイミングでウォーキングなど

軽い運動で糖を使ってしまえば

血液中に糖は余らなくなります😊

そうすると

膵臓から出るインスリンの量も

少なく済むため

膵臓の負担を軽減する意味でも

食後の軽い運動がおすすめされます🙇‍♀️

運動も大事ですが

食事を気を付けるのも重要です!

糖が含まれる炭水化物やお菓子

清涼飲料水を摂り過ぎないことと

食事の順番も意識してみてください。

野菜から食べるようにすると

食物繊維が糖の吸収スピードを

和らげるため

血糖値の急上昇を抑えられます。

例えば朝食でパンを食べる方は

多いと思いますが

小麦粉の食パンを全粒粉パンに変えたり

白米🍚を玄米に変えることで

糖化を予防するいい対策になります。

私も最近は1駅分歩いたり、玄米などを

意識的に摂るようにしています🤗

毎日の食事や運動を少しずつ

変化させてみてはいかがでしょうか

健康な体をいまのうちから作って

いっしょに頑張っていきましょう🙇‍♀️

しわ・シミ、食べて予防!

おはようございます🌥️

しわやシミの対策をしたいとは

思っているけど

美容液🧴は高価なものが多いし…☹️

そもそも面倒くさい…と思っている方に

いい情報をお伝えします😊

肌は『内臓を映す鏡』とも言われるほど

食生活によります影響があるですよ😮

そもそもシミ、しわの原因は?

シミもしわも「加齢による肌トラブル」と

ひとくぐりされてしまいがちですけど

原因は様々です。

・シミの原因・・・紫外線によるメラニンの

生成・遺伝・炎症・ホルモンバランスの

乱れです。

・しわの原因・・・紫外線・加齢による

弾力低下、乾燥、表情

通常、皮膚は約4週間で入れ替わるといわ

れ、これを「ターンオーバー」と

いいます。ターンオーバーによって

肌の基底層にある細胞は分裂して

皮膚表面に押し上げられ、最後は表面から

剥がれていきます。

「新しい肌が古い肌を内側から押し出す」

イメージです。

このターンオーバーのサイクルが乱れると

肌の老化が進みしわを作りやすい肌となり

シミの原因となります、物質が肌に

蓄積されてしまいます。

シミやしわを作る大敵は紫外線!と

夏のUVケアばかり意識を向いていた

という方も少なくないかもしれませんが

プラスしてターンオーバーが

スムーズに行われることも大切です!

シミ、しわにおすすめの栄養素

十分にタンパク質を摂ることです

筋肉や髪の毛と同様、肌を作る主な材料も

タンパク質です。そのため

ターンオーバーを促すには

タンパク質を十分に摂ることが大切です。

美肌作りをサポートするビタミン

タンパク質に加え、忘れてはいけないのが

ビタミンCです。

ビタミンCにはこのコラーゲンの合成を

促したり、紫外線によるシミの原因となる

メラニン🔥の育成を抑制する作用が

あると言われています!

加えて、一見肌との関りが薄そうな

ビタミンAには、肌や粘膜を正常に

保つ働きがあり、また、不足すると

肌の乾燥を招く恐れがあるため

結果として乾燥によるしわへとつながる

可能性も🙍‍♀️

シミやしわを防ぐためには

主となりますタンパク質に加え

これらのビタミン類も合わせて摂って

シミやしわなんかに負けずに

頑張っていきましょうね🙋‍♀️

長い時間お付き合い

いただきありがとうございました🙇‍♀️