′′食べる輸血′′😮ビーツとは?🤔

皆さん、おはようございます☀️🙋‍♀️

6月に入りましたが二十四節気では

「芒種(ぼうしゅ)」といって

まもなく稲の種を撒く季節という

意味です。

青々とした田んぼが目に浮かびますね😊

所で、皆さんはビーツといいます

野菜は知ってます?🤔

ビーツってそんなに見かけないし🙄

調理になんだか手間がかかりそう…。

もしかしたらそう思っている方も

多いのではないでしょうか?

実は「飲む血液」とも言われる

真っ赤な栄養玉なんですよ😮

ビーツの栄養素はふんだんでビタミン類

カルシウム、マグネシウム、鉄、葉酸

食物繊維などですね。

ベタシアニンというポリフェノールが

豊富で、これが体の酸化を

防いでくれることで注目されています👀

また、ビタミンB群の一種であります

葉酸を特に多く含みます。

葉酸は胎児の発育に欠かせない

栄養なので、妊娠の可能性がある女性や

妊娠初期に摂取するよう

推奨されています!

日本では「ビーツ」と

呼ばれることが多いですが

実はビーツにはたくさん別名があります。

<別名>
ビート、ビートルート、レッドビート

テーブルビート、かえんさい

ガーデンビート、ウズマキダイコン。

ビーツの選び方

直径が7~8cmくらいで

皮の表面に凸凹がなく

きれいな丸型のものが良いといわれます。

茎の付け根の皮がむけていないものを

選びましょう🙇‍♀️

ビーツの食べ方

ビーツの実を使うときは

栄養素を逃がさないため皮を剥かずに

皮つきのまま良く洗って茹でるだけです

お好みの軽い味付けでビーツ本来の味を

感じられます。😊

鮮やかな赤色が特徴的な野菜「ビーツ」。

ビーツのポタージュ

お鍋にバターとニンニク、生ハム

ビーツを炒めます。

水とコンソメを加えて煮込みましょう。

やわらかくなりましたら

牛乳を加えミキサーへ

お鍋で温めて完成です。😋

今日の晩御飯🌃🍴は

これで決まりですね🤗

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください